本ブログにおけるカード評価基準は以下の通りとします。
・SS / S / A / B /C の5段階評価

 SS:同時期実装カードで突出して強いカード(排出率度外視)
 S:  狙って引く価値のある有用カード
 A:  あれば便利な有用カード
 B:  悪くはないが、狙って引く事をお勧めしないカード
 C: オススメしにくいカード

 もしも、今後”人権”と呼ばれるようなカードや、排出率の割に良いと感じたカードがあれば、別の記号を割り振るかもしれません。

・初回登場時点での評価とします。
 初回登場時に有用でも、後になればさほど強くない可能性が高いです。
 同じ評価のカード内では、基本的に後に出てくるカードの方が強いとです。
 また、バフ等のカードについては、後に評価が変わってくる可能性も高いので 注意してください。

所持状況等によって大幅に異なりますし、あくまでも「ふ~~~ん」くらいの感じで眺めて頂ければ・・・
評価日の気分によって、バラツキありくらいの感覚です(笑)
異なる視点の意見など、積極的に募集いたします!!!

まぁ、ダメージ計算式を見て頂ければ分かる通り、このゲームは属性・攻撃方法が同じであれば 威力の違いはダメージの違いに直結しないので、
単純にオート挙動を安定させるために、メインを発動させたいカードの威力を高く、サブを発動させたいカードは威力が低い状態で引けるといいよねってだけですね。